One earth

MEMBERS

メンバー紹介

ネパール

サティス(Satish Pati)

ガイド会社 ニレカ・アドベンチャーズ代表

英語、日本語、ネパール語、ヒンディー語を自在に使いこなし、トレッキングやエベレスト登山等のガイドを務める。日本人の妻子を持つ一家のパパ。アウトドアに飽くなき情熱を抱く。

【ネパール:お国自慢&基本情報】(2021年2月28日)

東京

なぐ(南雲直樹)

旅行会社 ひとたび代表

土地の魅力を知り尽くす世界各地の案内人とともに、人々の暮らし、建築、自然、文化、食などにフォーカスした旅をプロデュース。案内人の技術や知識だけではなく、彼ら自身の生き方や思いに触れることで、その土地の魅力が増大するような旅を提供。

ニュージーランド

あい(ボディー愛)

リアルニュージーランド 旅行部門代表

自然の中で遊ぶことが大好き!アウトドア王国ニュージーランドでの生活に憧れ移住。国内で一番晴天率が高く、自然と暮らしの距離が近い街ネルソンで、のんびりとしたニュージーランドの時間の流れや、すぐそこにある豊かな自然をありのままに感じられる旅を提案、サポートする。

【ニュージ―ランド:お国自慢&基本情報】(2021年2月21日)

スリランカ

めぐみ(橋迫恵)

旅行会社 セレンディピティ倶楽部 代表

地域振興コンサルタントとして仕事をする中、スリランカに出会い、惚れ込み、会社を設立。旅することで地域も旅人も笑顔になれる“サスティナブルな旅づくり”をめざし、スリランカの旅の企画・TV&雑誌取材のコーディネーション・現地の人材育成などを行う。熱帯建築家ジェフリー・バワ研究家としても活動。

【スリランカ:お国自慢&基本情報】(2021年2月28日)

イタリア

ユキコ(林 由紀子)

現地コーディネーター、通訳、ライター

イタリアはファエンツアの国立美術陶芸学校卒業後、現代美術の分野で長く仕事をしつつ、イタリア独特の芸術、食、土着文化の深い繋がりに惹かれ記事を書き始める。地元マルケ州や中部イタリアの生産者や職人との人脈を活かして、体験型の滞在をコーディネートすることで“現地の人々と旅人を繋ぎ、土着的なイタリアを見てもらう”旅を提案すべく消えつつある知識の収集に邁進中。現地コーディネートサービス<ラファエロの丘から>主宰、食文化アソシエーション<マッカローニ(Mac Caroni)>創立メンバー

【イタリア:お国自慢&基本情報】(2021年2月28日)

ペルー

せいご(丸石成吾)

旅行会社 ILLAPA TOURS E.I.R.L.

ペルー・クスコの小さな旅行会社、ILLAPA TOURSの唯一のスタッフとして業務全般を担う。現地在住ならではの豊富な情報をお客さんと共有しつつ、「一生の思い出に残る旅」をプランニングする。2018年に国家公認ガイドの資格を取得。公認ガイドとしても働く。2020年にWMA(Wilderness Medical Associates)のWAFAの資格を取得。ディープなペルーをより安全にアテンドする。

【ペルー:お国自慢&基本情報】(2021年2月14日)

東京

りょうこ(青崎涼子)

登山ガイド、通訳ガイド

日本の旅行会社勤務後独立。日本の旅人を海外で、海外からの旅人を日本で、案内するのを生業とする。街より自然、車より徒歩。なるべく大地に近い視線から、人力でのスピード感で流れる風景を楽しめるような旅で人生の一コマに彩りを届けたい!国際線航空機がストップし続ける現在、人生の長い夏休みに突入し、自由研究に励む日々。

アラスカ

まさ(安藤正康)

旅行会社 HAIしろくまツアーズ代表

「アラスカの達人」と呼ばれ、アラスカンアドベンチャーのスペシャリストとして、常に新しい発想を持って、様々な角度から「最後のフロンティア」を紹介している。日本の人々にアラスカの大自然の素晴らしさを知ってもらうことをライフワークとしている。

【アラスカ:お国自慢&基本情報】(2021年2月14日)

ミャンマー

しゅんちゃん(鈴木俊良)

HOME Myanmar 代表

大学在学中に2年間休学し、中国、カナダ留学を経験する中で「旅×教育」に興味を持つ。卒業後、2014年に大手旅行会社に入社。ミャンマー支社の立ち上げに携わり3年間勤務。2017年にミャンマー、シャン州にあるインレー湖にHOME Myanmar mm Co., Ltd.を設立し、インレー湖周辺のツアーを中心に展開、カフェの運営も行っている。現在はコロナの影響で日本滞在中。

【ミャンマー:お国自慢&基本情報】(2021年2月21日)

カナダ

だいさん(荒木大輔)

旅行会社 エーアールエー代表

ワーキングホリデーでカナダへ。カナディアンロッキーでガイドとして、また旅行会社で経験を積んだ後、独立。ガイドブック「ことりっぷ バンクーバー」を監修するなど、メディア・コーディネーターとしてもテレビや雑誌の取材にも同行する。ベルトラ公認コロリエ・ガイド。

【カナダ:お国自慢&基本情報】(2021年2月14日)

モロッコ

まや(和田麻弥)

旅行会社 Ksour Voyages代表

美大時代にアフリカ通いをスタートし、モロッコ人の全てをポジティブに捉え直せる調子の良さに魅了されて早25年。自然や人間の力の圧倒的な濃さの中で、お客様それぞれの発見を楽しむ旅のお手伝いをしながら、観光業により雇用の安定が作る安心なアフリカを目指す。

【モロッコ:お国自慢&基本情報】(2021年2月7日)

ルワンダ

まさこ(加藤雅子)

ルワンダ伝統アート イミゴンゴ展主催、場所文化研究家、Cultural Capital Rwanda R&D Ltd. 代表

2017年にルワンダ移住。以来この国の魅力に取り憑かれ、伝統文化・伝統医療の調査、旅程作成、ガイド業をおこなう。その土地が持つ固有の性質や特徴を調査し、場所とのつながりの中で人が人に還ることを探っている。

【ルワンダ:お国自慢&基本情報】(2021年2月7日)

アイスランド

みき(中川実紀)

旅行会社 Gray Line Iceland勤務

添乗で訪れたアイスランドの自然の色と人に魅了され、移住。世界最北の首都レイキャヴィークを拠点とする。春先に雪解けの中から姿を見せる深緑の苔、空が茜色に染まる夏の深夜、大地がオレンジ色に染まる短い秋、冬の朝焼けグラデーションと、色彩豊かなアイスランドの自然を楽しめるような旅を提案、お手伝いする。

【アイスランド:お国自慢&基本情報】(2021年2月7日)

カンボジア

まいまい(吉川舞)

旅行会社 Napura-works代表

19歳でカンボジアの遺跡と人々に魅せられ、大学卒業と同時にカンボジアへ移住。現在は、サンボー・プレイ・クック遺跡群を拠点に、遺跡や地域の問題を、地域と訪問者の関係の中で解決してゆく仕組みづくりを実践中。

【カンボジア:お国自慢&基本情報】(2021年2月21日)